Utada Hikaru Official Website

MESSAGE from Hikki

  • 2009.03.10

    3月病

    久しぶりにNYの友達何人かと会ったら、みんな精神的に大変そうだった!

    経済関係の仕事してる人は経済の悪化(というか崩壊?)とともに急に忙しくなってちょー疲れてて、普通のデスクワークをしつつ画家を目指してる子も「3月病」(長い冬の終わり、まだ春が来ない)で気が滅入って、やる気が出ないんだとか。

    なんだか自分のことも考えさせられた!

    仕事が大変すぎて休みたくなったら、休めばいいんじゃね?

    やる気がない時は、なにもしなければいいんじゃね?

    そんな心持ちで、自分の感覚に素直に、自然に生きることって大事だなと思った。無理するよりも、勇気がいるかもしれないね。

    くまは、無理しないらしいよ!

    『ぼんじゅーる』

  • 2009.03.08

    ばたばたじゃ

    ( ´_ゝ`)ノボンジュール♪

    日本のiTunes Storeで今、Come Back To Meのビデオが一週間限定で先行配信されてるみたいだね!

    あとMステでアルバム曲の"Merry Christmas Mr. Lawrence -FYI"が流れて、少しだけだったのにすごい好評みたいで嬉しい!

    utada.jpで試聴できるみたいだよ。

    日本の発売14日か。もうすぐじゃん!アメリカでのアルバム発売は、もっとプロモしてからの方がいいよねって話になって5月に出すことにしたよ。あと海賊版対策とかいろいろあってそれくらいがちょうどいいってことで。最初からそれも考えてくれよ(笑)

    でもアメリカでもデジタル配信は当初の発売予定日だった今月の24日から始まるみたい!早く"FYI"みんなに聴いてほしい〜。

    あそうそう、昨日、"This Is The One"の日本版CDサンプルもろた!!でなぜかタイ料理屋さんで開封した!!(笑)
    一通り目を通して満足して、テーブルの上にほっぽってごはん食べてたら、店員のタイ人のおばちゃんがCDをまじまじと見て、「コレ、オキャクサン?」って聞いてきたから、「はひ!ほうでふ!もぐもぐ」(「はい!そうです!もぐもぐ」)と元気よく答えました(●^口^●)

    日本で発売するオフィシャルブックも校了して、今月の19日に発売できるよ。スタッフみんなですごいがんばりましたよほんと。今んとこ関係者で本を見た人たちにはすごい評判が良い。『点』も『線』もすごい面白い、良い本になったから、早く世に送り出してあげたい。

    アルバムが完成して、本二冊が完成して、燃え尽きてるんだけど、脱力してる暇もなく仕事がどんどん続くから、しんどいっす_| ̄|○ 休みてぇ_| ̄|○

    今月もアメリカで怒濤のプロモっすよ。ラジオ、ネット、テレビ、いろいろ決まってます。

    ガクンとこないことを祈ってがんばろっと!

    しかしタイ料理まじうめぇな。なんでこんなに好きなんだろっていうくらい好き。あとベトナム料理とインド料理。でも一番は和食かな(*´ー`*)

  • 2009.02.28

    対応

    ところでこないだ週刊誌に、フランス人ハーフの元モデルの男の子と半同棲!とかって書かれたらしいね(笑)

    なんかポルシェを買ってあげただとか、あまりにも「は?」な内容だったのでスルーするつもりだったんだけど。

    そういう記事が載る時ってね、週刊誌から事前に、問い合わせが来るの。レコード会社とか事務所に。で、うちの場合、EMIの梶さんが対応することになるのよ。

    それで、梶さんから報告が来るの。例えば今回のその話だと、「どこどこの雑誌から、『同級生のハーフの元モデルと港区のアパートで半同棲してるという情報があるんだが本当か?』との問い合わせがありましたが、いつも通り『アーティストのプライベートに関してはなにもコメントすることがありません』というふうに答えておきました。」みたいなことをメールで教えてくれるの。

    そこで考えてみたのだ。私のスタッフはいつも一貫して「ノーコメント」って答えてるけど、私がもしそういう問い合わせに答える役割だったら、なんて答えるかな、と。

    私が梶さんだったら

    「いや、むしろオレと半同棲してます」

    とか

    「またモデルかよ」

    とか言ってみたくなると思う(笑)

    わあちょー言いたい(笑)

    今度いっぺん、面白いこと言ってみる?(笑)>梶さん

    本当に関係無い俳優さん(一回会ったことがあったらいいほう)とかモデルの子とかとつき合ってるって書かれるんだけど、いったいどこからそういう話になるんだろう。不思議だ。

    ちなみにモデルの子とつき合ったことは無いなあ。趣味じゃないのだよ本当に・・・。

    「芸能人」「一般人(って変な呼び方だよな)」ともに、実際につき合ったりした人についてほとんど書かれたことが無いのもまた、不思議だ。

    自分のそういう経験をふまえて、芸能人の噂聞いてもまったく信じる気になれなくてさ。本当のこともあるんだろうけど、全部鵜呑みにしてる人が多いのがなんかこわい。どうして、週刊誌とかに書いてあることをやたらと信じる人が多いんだろう。記事なんて、記者という人間が書いた文章に過ぎないのに。

    メディアを信じ過ぎ(笑)

  • 2009.02.24

    ふおおおおお!

    ぽんぽーーーん!

    あぽん!あぽん!

  • 2009.02.23

    ここでもおっさん

    っていうかもうここまできたら私もヤケになって、おっさんを撮影することが趣旨になってきたところです

    なんかいい感じ(笑)

    おっさん乙w

  • 2009.02.23

    おっさん(笑)

    私と一緒の経路で、梅を撮影してるおじさんがいて、ちょっといい景色のところで写真をとろうとするとそのおっさんがどうしても映り込むというパターンに(笑)

    おっさん、気持ちは分かるが私も(ケータイでとはいえ、一応このサイト用に)撮影しようとしてるんだから、一瞬どいてくれてもよくないか(笑)

    「おれは脚立も使ってちゃんとしたカメラで撮ってて、ケータイで写メしてる小娘とは違うんだからどく必要はない」オーラがすごかった

  • 2009.02.23

    カラスこえー(笑)

    カラスがちょーいい感じに鳴きまくり+飛びまくり

    普通にこわかった

  • 2009.02.23

    まじ咲いてねー(笑)

    実際どんだけ殺伐とした雰囲気だったかというと

    こんな感じ(笑)

  • 2009.02.23

    小雨+梅

    この数ヶ月、人生で今までにないくらい忙しいっす(;・`ω・´)

    英語のアルバムの制作も終わって、リードシングルのビデオもほぼ完成して、プロモ段階に移行しちょります!この数週間インタビューとかラジオプロモとかしまくった。まだこれからも続くんだけど。

    あと今、いつの間にか日本で出す本二冊(『点』と『線』)の編集長になってて、二冊合計すると1000ページ以上あるもんでそれが大変なのと、日本で次に出す日本語のシングル(メインとカップリングの2曲)も実はレコーディングしてて、全部が重なってしまったって感じだね。

    今日、ちょっと息抜きに、青梅にある吉野梅郷っていうとこに梅観にいってきたよ!!

    全然咲いてなかったwwww

    しかも小雨 そしてなんかやけに寒い

    カラスが鳴きまくってて異様に殺伐とした雰囲気

    人全然いなくて最高でした(笑)

    そのあまりに殺伐とした雰囲気に笑いが止まらなくて死ぬかと思った(笑)

    私の笑いのつぼにクリティカル・ヒット(笑)

    この写真は一応、わずかに咲いてる梅を、それっぽく撮影できた貴重なショットです(笑)

  • 2009.02.06

    くまであること

    『ところで ひかるちゃん どうして この安全のしおりは 全部 にんげんのイラストなの くま用は ないの』