Hikaru Utada Official Website

MESSAGE from Hikki

  • 2006.04.27

    か行に弱いガール

    先月、歌のレコーディング中に、わいの新たな弱点が発覚した。

    プロデューサーM:「ひかるぅ、この部分の歌詞は〈か行〉が大事だから、ちょっと意識して歌ってみてよ」

    シンガーU:「は〜いよっ」

    、、、と次のテイクに突入。したのだが。

    ♪「かっ○X△○かっ、か、、□□かっ、、、け○△き△○○きーだ、、、」

    、、、んあ?
    きえーーーっ!!(」゚ロ゚)」難しいよ!!!か行むずっ!

    「k〜」をはっきり歌おうとしてるのに母音の方が強調されちゃって「k」のアタックが足りないのよ!

    それでもまあ、がんばった結果、歌はうまくいったけどね。っていうかもともと日本語の発音がなんか舌ったらずっつうかなんつうか、ね。ちょっと変なのは自覚してたんすけど、、、。想定外の難関に不意打ちをくらったよ。

    そういえば私が関根勤さんの大ファンになったきっかけは、テレビで彼が自分の名前は音読みすると「かん、こん、きん」だって言ってたことだったな、、、。

    最近読みふけってる作家の開高健も音読みすると「かい、こう、けん」だな、、、。

    まあ、長くなったけど、わいは色々な意味で〈か行〉に弱い女っちゅーこっちゃな。

    うん、まあ、それだけ、、、

    じゃあ今日はバイキンマンの捨て台詞をアレンジして

    かっきくっけこ〜!(・∀・)

  • 2006.04.25

    雨の日の本屋本の日の雨

    雨の日の本屋さん好きだな。

    お洋服屋さんとかきれいなお店は、入るとなんだか汚しちゃいそうでこわいし、カフェとかは暗くて考え込んじゃいそうでやだし、CD屋さんはプラスチックとか全体的にツルツルした表面が多くてクラクラしちゃうし(外も濡れてツルツルした表面ばっかりだからつるつるオーバードースよ!)

    なにより私の大好きな本の匂いが湿気で店内に充満するからね〜!

    ( ̄‥ ̄) ふんがっ ふんがっ くんくんくん

    ってこんなやついたら結構キモいね。
    (そんなやつなんですけど私、、、)

    水が天敵である紙が、屋根で守られてる感じとか、お客さんの靴とか上着についてる水と接近する感じとか、たまらんわ〜。
    (´д`)じゅるっ。

    本屋さんの中って静かだから、濡れた靴がたてる音がしっかり聞こえちゃったりしてドキドキしない?

    雨の日の本屋にエロスを感じる私は変態ガールかしら(。・・。)

  • 2006.04.20

    うただひかるの 私だけでしょうか

    どうでもいいよ♪

    子供のころ。ショックかストレスかなにかで頭髪が一部、白髪になった。

    (゚ロ゚)ギョェ <それどうでもよくないよ

    どうでもいいよ♪

    通路をふさいでる人を見るとどうしてもハラがたつ。

    (*^∇^*)」 <please どけ thank you very much

    どうでもいいよ♪

    「24」が次から次からへと事件がてんこもり過ぎて、だんだんどうでもよくなってくる。

    (´ロ`)  <もういいよ、みんな死んじゃえばいいよ、、、

    どうでもいいよ♪

    コーンスープはやっぱり表面に膜ができるのを見届けたい。

    ((*>ω<σ))σ <あの黄色い膜ってかわいくてつつきたくなっちゃうのよね

    どうでもいいよ♪

    んじゃあね♪

  • 2006.04.20

    ぷりんす

    Princeの新しいアルバム好きだな〜!

    「3121」っていうやつ。ジャケット、このほとんど後ろ姿だけみたいな暗い写真ですぐ「プリンスだ!」って分かるのすごいよね。

    現在のお気に入りCD。まわりでもハマってる人多し。

    あとChick CoreaのReturn To Foreverもすごく好きになっちゃった。よく聴いてる。

    おはようの人はおはよウ!

  • 2006.04.18

    そっちとこっち

    さっきテレビで、川と海の境界を見せてた。面白かった!

    絵を書く時、輪郭の線から書き始める。

    本当は存在しないところに線を書いて境界を表現するのは、人間にとってすごく自然な感覚だよね。それをどんどんリアルにしていくと絵画とか、写真に近づいてく。それを通り越して、境界が溶けちゃって全部混ざっちゃったような絵になっていくと、リアルを超えたシューレアリズムになるのかな。ダリとかムンクとか。

    「境界」って、すごく人工的な発想だよね。なんだか小説のあらすじみたい。ものごとを分かりやすくするためのアウトラインのはずなんだけど、それが人工的なものだってことを忘れちゃうと逆に混乱を招く。

    最近読み始めた開高健の「輝ける闇」には、「境界」について考えさせるところがいっぱいあるよー!国境、敵/味方、生と死、闇と光。

    私はずっと自分と外界の境界の意識があいまいで、「自分」をはっきり感じられないデスよ。よく言えば自然体、悪く言えば自覚が足りない(´〜`;

    ちっちゃい頃から、生きてるっていうことにすーっごい違和感があって、いっこうに慣れないよ!なんか急いで電車に駆け込んだら、女性専用車両にのっちゃってて「あれ?」ってなってる男、みたいな。そういう違和感を感じることってない?私は日常生活の中では、いつも!感じんのよ。なんかこの世に舞い戻ってきちゃった方向音痴な幽霊みたいな気分よ。墓地とか通るとなんか心が落ちついちゃったりするのよ。
    君はしないデスか? (・⊆・

    眠りにおちる直前に、顔にあたる枕を感じていられる時と、目覚めてから数分ふとんの中でもぞもぞしてる時が大好き!ありゃーいいよね。

    実際に眠っている間は、夢ばっかり見て、休んでいる気が しない。

    「A」が好き、ってことは私にとっては「A」の前後左右、「A」と「A以外のもの」の境界、が好きってことかもな☆

    結局「境界」は大事よ、とっても。私にとって。でも「分ける」という役目において大事なんじゃなくて、「接触してる」っていうつながりが、だな。夜明けとか夕方に陥る特別な気持ちは、みんなつながってることを思い出すからなんじゃないかな、なんて毎日思うんだけど。

    微妙であることはイイコト。

    まくらさん、、、ヽ(´ー`)ノ スリスリ

  • 2006.04.15

    再会 x2 (ケータイの人またごめんね!)

    Photo by Muramura
    Hair&Make-up by Deka-chou

    こいつぁ〜昨日、雑誌の撮影終了後の一コマ。

    いやあこの人たち似てるなあ。っておい!(←お決まりよね)

    そうっすよ、7年前の私と、昨日の私っすよ。

    16歳の自分に再会してきたよーーーっ!

    昔の写真見るだけでも懐かしくなってタイムスリップしちゃうけどさ、やっぱ等身大看板の自分と対面するのはすごいよ!不思議よ!「いや〜、お久しぶりです」って感じよ。

    そしてこの看板を持ってきた久家さんもすごいじゃないのよ!!!!

    それがもう一つの再会。っていうかメインの再会です!
    16歳の時に「First Love」とか「movin' on without you」の撮影をして以来、久家さんとの7年振りの撮影。それが意外なことに雑誌のお仕事で実現。

    この等身大看板がまだ事務所にあったから持ってきてくれたんだって。

    あんまり久しぶりなもんだから、撮影中もなんか笑いっぱなし。っていうか久家さん笑い過ぎ!カメラ覗きながら、成長(?)した私の表情とかに大ウケしてた。私もすごく楽しかった!

    時間には逆らえないんだな〜、っていう気持ちと同時に、時間は一つの軸ではなくて、実は自由に探検しほうだいの隠し扉だらけのお化け屋敷なんだな、っていう気持ち。

    もう「同時」っていうコンセプト自体が存在しないとも言えるし、逆に世界は「同時」でまんべんなく満たされるとも言える気がするぞ。

    なんつうか「時間」って細長いフランスパンなんじゃなくて、おっきなバームクーヘンなんだなって感じ。おいしそうよね☆

    また会いたいな!久家さん大好きだ。 (/。\)いやん!おれってば大胆。

    なーなー、ところで上の写真見て、私って変わったと思うー?思わない?

  • 2006.04.12

    おとっつぁん

    きのう一時mixiが混雑しちゃったみたいね、、、。

    迷惑こうむった人ごめんなさいっ。

    んやぁ。
    厳しいご指摘もいただきましたが(ありがとう)私は自分の知名度とかいろいろね、自覚が足りないなあ、と思う今日コノゴロデス!!!

    ほんとね、ケイソツで困った人なのよ私。
    沢山見られたり、影響あたえちゃったりするこういう仕事に向いてないな〜ってよくよく思うんだけど、そう思う同じ理由で、こういう創作系の仕事じゃなきゃ許されない性格だな〜とも思う。(なんかややこしい?)

    お父さんみたいに、尊敬できる人になりたいなあ!と思うデスよ。(←あぁ語尾に照れ隠しがっ)

    ずっとお父さんとは、仕事中心のわりとドライな関係だったんだよね。なんとなく武士っぽいというか、自分のことは自分でやるみたいな精神の漂う家系でね。

    お互いずっともっと近づきたいっていう気持ちはあったと思うんだけど。で、この一年くらいかな?お父さんに対する心の壁が低くなったのかな、私。最近は大事な話や心の問題やら、相談したり語り合ったりすることがある。

    こないだ東京がちょー天気良かった日、「ドライブしようぜ!」ってことになっていきなり湘南まで飛ばしたよ!二人とも初めての江ノ島まで行ってお茶してお土産買って帰った。こんなデートっぽいことお父さんとしたの初めてかも、、、
    (。- -。)ポッ

    人間って、赤ちゃんの頃はなんでも口に入れて、とにかく世界を吸収して、信じて、、、思春期を迎えて、まわりの大人の欠点が沢山分かってきちゃって、矛盾を感じたり反発する中で自己を確立して成長していくよね。

    それが今度はもっと大人になってく時さ、まわりよりも自分の欠点ばっかり分かってきちゃって、自分が嫌いになったりするじゃない。まわりにごめんなさいって思ったり、小さいころから悪い子だったのかな?とか考えちゃったりしない?

    自分のことが嫌いになって自暴自棄になるんじゃなくて、親への尊敬とか、理解とか、まわりの人たちへの感謝の気持ちを持てるようになると、イイヨネ。

    最近 開高健 にハマって いるぜ!

  • 2006.04.12

    どひー!

    かなりあっさり発見されてどっさりメッセージが届いてびっさり!じゃなくてびっくりー!

    こんなに短期間で探してくれる人がたくさんいると思わなんだ
    (っx_x)っ どひー

    けっこう暇な人が多いのかな x

    私ってなんて幸せものなのかしら o

    しかもよく考えたら、似たような名前の人とかに大量にメールが届いちゃってるかも! L(TOT)」ぎゃー
    とか、私の友達リストの二人に迷惑がかかるんじゃねーの?? L(TOT)」ぎゃー

    って気づいて今、慌てて退会しちゃった(汗)
    (迷惑かかった人いたらほんとにごめんなさい!!!)(あほだ、、、あほです、、、あほ、、、)

    でも一生懸命探してくれた人、ありがとう!うるうる。嬉しかったぬぁ〜。ちゃんとメッセージ全部読んでから退会したぞ!

    今夜は開高健の「輝ける闇」を読んで寝ます。おやすみなさい&お騒がせしてごめにゃにゃさい L(TOT)」ぎゃー

  • 2006.04.11

    SNS

    こないだスタジオで、「みくしぃって知ってる?」って話を持ち出したんだ。

    みんなスタッフ同士だから、個人的なメアドとかそういうの知らない、仕事でしか顔を合わせない仲なわけ。2006年ほとんど遊んでない私にとっては貴重な人間とのふれ合いだったりするんだが(T_T)

    なんと全員mixiに入ってた。(今生まれて初めてくしゃみが二回連続出た!!!!やったー!!)

    だからこれ読んでる人もみんな知ってるのかな?ネット上の巨大な交流広場だよね。
    私はなんの予備知識もなしに、親友の女の子に誘われて、去年入ったのよ。そういうの全然興味ないから最初は「ふ〜ん、、、(なにが面白いの?)」って感じだったのに、一気に「え!まじで?うんうん入る入る!!」と逆転した決め手は、、、

    親友:「稲中の台詞だけで会話するコミュニティーがあるんだよ」

    (゚ロ゚)ふんがーーーっ おれを招待しろ!

    というわけで普段から頻繁に連絡をとっている親友と「行け!稲中卓球部」というマンガの台詞だけの掲示板でやりとりをするために入会。

    しかしやはり「ソーシャルネットワーキング」という言葉の響きに軽くむしずが走るような内向的な私には向いていなかったらしく、今までのアクセス回数は一桁にとどまる、、、

    mixiの中の友達リストみたいなやつ?も二人だけ。増やす気まったくないし、、、日記とかまったく活用してないし、、、コミュニティーニュースのメールうざいし、、、そろそろ退会しようかな、、、と考え中。

    というわけで会員で、ちょーーー暇な人は、退会する直前の私を探してみるとよろしくってよ。メッセージでも送るとよろしっくてよ。
    (´д`)でへへ
    そんな暇人いんのか?

    名前は半分嘘だけど、その他のプロフィールは一応真実かな?すぐ見つかっちゃうかそんなの。

    ちなみに先週、紀里谷くんはやっとmixiのことを初めて知って、とっくに会員になってた私に「えー??なんでおれを誘ってくんないの(TOT)」と抗議してました。

    世界中の秘密主義な妻たちがんばれ  (。・・。)

  • 2006.04.07

    最近深く思うこと

    あったかい牛乳っておいしいなあ、、、