Hikaru Utada Official Website

MESSAGE from Staff

  • 2001.02.02

    録音後記

    NYから東京に戻り、出来上がったアルバムを何度も聴いています。今回いい作品だなーと勿論感じてますが、それ以上に宇多田ヒカルというアーチストに出会えてほんとによかったなーと思う心境でいっぱいです。この思いってこの作品を聴いてくれたら、誰もが感じてもらえるものじゃないかと思っています。
    心無い写真誌が、12月、1月とまるで遊んでいるように書いてますが、どれくらいの作業をしてたかはこの作品が必ず証明してくれるでしょう。張り付いているなら、ほとんど毎日スタジオにいるの知っているのにたまの休みのことだけクローズアップするんだから。
    なにせ曲作り、詞を書き、デモを作り、アレンジデモ作り、そして何度もやり直し試行錯誤を繰り返し、スタジオ作業歌いれ、何十回に及ぶコーラス(40回ぐらい重ねてる所もあります。機械で作っていません。)ヒカル自身がやってるんで大変だなーとホントは思ってたけど、冷たく作業したり、締め切りを言ったりした1年8ヶ月でした。でもヒカルはいつももがき苦しみながらも瀬戸際の魔術師ぶりを発揮していつも期待に答えてくれました。本当は僕はやさしいんだよ?
    今回のDistanceとFirst Loveの違いは、ちなみにFirst Loveの時、僕はヒカルちゃんと呼んでたけど、今はまだ慣れてないけどヒカルって呼んでます。(18なんでそろそろ ちゃんじゃないだろと思って)この“ちゃん”がとれた感じってDistanceに似合ってる気がしてます。
    なにわともあれ、気迫の約64分13曲もうすぐみんなに届けられるから楽しみにしてください。絶対後悔させない最高の出来だよ。
    これからも宇多田ヒカルは、あらゆる意味でも大きく飛躍するので期待してください。
    それからヒカル長い間お疲れさまでした。でもこれからすぐプロモーションだーーーー。ちっともやさしくないよね。

    株式会社EMIミュージック・ジャパン 三宅 彰

  • 2001.01.19

    スタッフ紹介(原武茂孝)

    名前:原武茂孝
    生年月日:1964年3月3日(東京オリンピック+新幹線開通の年!、雛祭り・耳の日)
    出身地:このプロジェクトスタッフになぜか多い、福岡(ダイエーホークス万歳!)
    所属/役職:販売推進部 主任
    仕事内容:レコード店担当。販売促進。

    Q1:あなたを動物に例えると?またその理由は?
    A1:らくだ(と良く言われる)

    Q2:いまこの仕事をしてなかったとしたら何になりたかった?またその理由
    A2:保父。(近頃子供が可愛く見えてしょうがない。ロリコンとは違います)

    Q3:いま、あなたが宇多田ヒカルだったとしたら何をしますか?
    A3:1.寿司を金にいとめなく食べる!(やってみてー!)2.ハワイで喫茶店!(夢)

    Q4:宇多田ヒカルに関するいままでの仕事で印象深かったこと。また、いままで宇多田ヒカルに言えなかったことをひとつ暴露願います(仕事のことでも自分のことでも)
    A4:印象深いこと:1.プレゼンテーションライヴでの初生歌声。2.1stシングルとアルバム発売前のザワザワ感。どちらも忘れられない!
    暴露:まだデビュー前、彼女が行くかもしれないレコード店に「行くかも?」と思って先行してポスター等を貼る指示を出したのは、私です。

    Q5:自分の自画像を描いてください
    A5:コメント:私が一番輝いていた時。(七五三)

    Q6:ファンのみなさんへのメッセージ
    A6:いつも応援有り難うございます!そしていつまでも応援お願いします!!

  • 2001.01.17

    偽CDについて/1月16日付けの日刊ゲンダイ記事に関して

    最近、宇多田ヒカルの名を騙った偽物CDをマスコミ各社へ売り込むケースが見られます。
    宇多田ヒカルは弊社・EMI株式会社の所属であり、他社からCDをリリースする予定は全くありませんし、もちろんどこか他でレコーディングを行った事実もございません。
    この件は宇多田ヒカルのマネージメント事務所・U3 MUSICの宇多田社長にも確認したところ、絶対にそのような事実はない、とのことです。
    このような明らかに違法な詐欺行為に対し、我々は今後、断固たる態度で臨むつもりです。
    ファンおよびマスコミの皆様もこのようなものに惑わされないようご注意をよろしくお願いします。
    株式会社 EMIミュージック・ジャパン Foozay Music Co.
    ------------------------------------------------------------------------
    3月28日にいよいよ発売されるセカンド・アルバムのレコーデイング、順調に進んでいます。バラエテイーに富んだアルバムになりそうです。楽しみにしていてください。今日ここにメッセージを書いているのは、特別な理由があるからです。1月16日付けの日刊ゲンダイ(日刊タブロイド新聞)にとても腹立たしい記事が出ていました。「恋人発覚でスタートした宇多田ヒカル 再生計画の中身」というタイトルで、先日写真誌に掲載されたNYでのデート写真記事は仕組まれたものであり、NYへ引っ越したヒカルを皆に忘れられてしまうことに危機感を感じたスタッフが交際相手を起爆剤に使ったものであるように書かれていました。これくらいのでっち上げ記事にはもう慣れました。しかし、ここからが腹立たしい内容になっています。ヒカルの所属するU3MUSICの代表取締役社長であり、プロデューサーである僕、宇多田照實が、米国在住の音楽プロデューサー・木村俊二にインデイ-ズCDの発売を了解し、僕のバンド・「SISTER YOU」の演奏で2月末に発売になると書かれています。僕はこんな人物を知りません。名前を聞いたこともありません。このようなCDを発売する予定もありませんし、「SISTER YOU」などというヘンテコな名前のバンドも持っていません。この記事を書いた記者の常識の無さに腹が立ちます。というのは、記事の中でヒカルは東芝EMIの所属である事が書かれているにも関わらず、このCDがEMIとは関係なく発売されると書かれているのです。これは法律的に不可能です。僕はこのような違法なことを考えた事はありませんし、その必要も全く感じていません。僕がここで皆さんに伝えたいこと、十分理解して欲しいことは、ヒカルの音楽を愛してくれている皆が、このような詐欺に騙されてしまうことに僕は黙っていられないということです。騙されて欲しくないということです。絶対に騙されないでください。これからも似たようなことを計画する輩が出てこないとは限りません。十分注意して欲しいと思います。そして、正真正銘のヒカルのセカンド・アルバムの発売を楽しみにしていてください。この記事に対しては、EMIと共に、断固たる抗議をします。
    では、では、

    うただ てるざね/U3MUSIC

  • 2000.12.12

    「宇多田ヒカル BOHEMIAN SUMMER 2000」DVD をお買い上げくださった皆様へ

    12月9日にリリースされました「宇多田ヒカル BOHEMIAN SUMMER 2000」のDVDソフトをお買い上げになったお客さまから、「途中で音声、映像が一瞬静止する」とのお問い合わせが寄せられております。
    この作品は長時間(約147分)収録でありながらも、なるべく高い画質、音質を保つためにディスク仕様が「片面2層」という、記録された情報が2層に別れている仕様になっています。
    そのため、1層目から2層目にのりかわる瞬間に一瞬映像/音声が静止したような状態になります。
    曲目ではチャプターナンバー23.「プレイバックpart2」の始まる直前がその箇所に当たります。
    この現象は仕様上避けられないものであり、製品の不良ではありませんので御了承下さい。

    株式会社EMIミュージック・ジャパン 映像部 遠藤 雄二

  • 2000.11.12

    スタッフ紹介(江森みちる)

    さて、スタッフ紹介!前回の鶴田ふくぶチョウよりの紹介で宣伝担当のこの人が登場!
    名前:えもり みちる
    生年月日:5月21日双子座のB型
    出身地:MIYAZAKI(シーガイヤがあるところ)
    所属/役職:平社員(兵隊その2)
    仕事内容:宣伝

    Q1:あなたを動物に例えると?またその理由は?
    A1:せっかちなコアラ(動物占いで書いてあったから)

    Q2:いまこの仕事をしてなかったとしたら何になりたかった?またその理由
    A2:『ハッカー』。以前映画で『ウォー・ゲーム』を見て受験生だった私は血迷って大学でプログラミングを専攻しましたが、今はなんの役にもたってません。あのとき勉強したC言語とかアセンブラとかはなんだったんでしょう。もしくは、『ぱちぷろ』(もうやってませんが、N社の機種はすでに攻略済み!所詮人の作ったものだし、負ける訳にはいかない!!すごい負けず嫌いかも...)

    Q3:いま、あなたが宇多田ヒカルだったとしたら何をしますか?
    A3:宇宙に出る!!スタートレックのエンタープライズ号みたいな船に乗って全世界に向けてLIVEやってみる。

    Q4:宇多田ヒカルに関するいままでの仕事で印象深かったこと。また、いままで宇多田ヒカルに言えなかったことをひとつ暴露願います(仕事のことでも自分のことでも)
    A4:印象深いこと:札幌公演のママとの夢のデュエット!!(正直言って鳥肌ものでした。ス、スゴイ)
    暴露:取材の仕事が入っていたのに途中で帰ったのは、1才の娘が洗濯ものを干しているパパをベランダに残し鍵かけて閉じ込めたからでした。(帰ったらなぜか興奮しきってる娘とパパに怒られたうえに、レストランに連れなぜかおごっていました。私って...なに?)

    Q5:自分の自画像を描いてください
    A5:

    Q6:ファンのみなさんへのメッセージ
    A6:コンサートに来れなかった人も来た人もVIDEO買ってね!!

    Q7:次のスタッフを紹介してください
    A7:販促を担当している原武さんを紹介します。

  • 2000.10.30

    スタッフ紹介(鶴田正人)

    宇多田ヒカルのメッセージをきっかけでこの「Staff Diary」を覗いてくれる人が多くなってきてるようで、嬉しい限りです!
    今週もStaff紹介していきます!先週の梶の紹介で今週はこの人!!
    名前:鶴田 正人
    生年月日:20世紀後半 アメリカ合衆国独立直前のあたり
    出身地:シャンハイ、ソウルから飛行機で約1時間のフクオカ
    所属/役職:ふくぶチョウ(おなかが出てくるとやらされる役)
    仕事内容:ヒッキーのためにカジをいじめたり、ミヤケにコキ使われたり、オキタと笑ったり、エモリと泣いたり.....

    Q1:あなたを動物に例えると?またその理由は?
    A1:ボルネオ産オランウータンのメス。足の親指のツメが無い。あと、意外にイイやつ。

    Q2:いまこの仕事をしてなかったとしたら何になりたかった?またその理由
    A2:手打ちうどん屋「つるつる」の主人。毎朝早起きして、コネコネして、シコシコしたメンを作ってお客さんを感動させたい。

    Q3:いま、あなたが宇多田ヒカルだったとしたら何をしますか?
    A3:大統領選に出馬。アメリカ史上初の女性大統領をめざす。

    Q4:宇多田ヒカルに関するいままでの仕事で印象深かったこと。また、いままで宇多田ヒカルに言えなかったことをひとつ暴露願います(仕事のことでも自分のことでも)
    A4:印象深いこと:ワイドショーや写真誌の人とかと、少しだけ知り合いになった。
    暴露:「HIKARU」という名前の女の人に弱くなった自分に気づくこの頃です。

    Q5:自分の自画像を描いてください
    A5:

    Q6:ファンのみなさんへのメッセージ
    A6:ヒッキーと同時代に生きてることの幸運(ラッキー)をこれからも一緒にかみしめようネ

    Q7:次のスタッフを紹介してください
    A7:梶と同じく宣伝を担当している江森を紹介します。

  • 2000.10.25

    スタッフ紹介(梶 望)

    さて、今週もSTAFF紹介していきます!先週の沖田さんの紹介により今週はこの人!
    名前:梶 望
    生年月日:1971年6月9日
    出身地:静岡県
    所属/役職:東芝EMI(株)Virgin本部 DomesticA&RA&R1Group
    仕事内容:宣伝担当

    Q1:あなたを動物に例えると?またその理由は?
    A1:小動物。なんか学生のころよく飲み会で「ほら草だよぉ、食べなさーい?」とか言われて目の前にサラダのみ山盛りになったことがしばしばあって.....そうみたい

    Q2:いまこの仕事をしてなかったとしたら何になりたかった?またその理由
    A2:都市コンサルタント(土木工学科卒業したのになーーんも役にたってません。先生ごめんなさい(笑))

    Q3:いま、あなたが宇多田ヒカルだったとしたら何をしますか?
    A3:沖田さんに「梶は天狗になってないよ」とナイスフォロー?

    Q4:宇多田ヒカルに関するいままでの仕事で印象深かったこと。また、いままで宇多田ヒカルに言えなかったことをひとつ暴露願います(仕事のことでも自分のことでも)
    A4:印象深いこと:Sg.「Automatic/time will tell」がヒットした頃の取材で「なにか自分は変わった?」って質問に「シングル1枚売れたくらいで変わっちゃう人いるの?」ってあっけらかんと答えた時「なんていいアーティストなんだぁ...」としみじみ。
    暴露:いまでこそ短髪好青年(?)な僕ですが?昔背中まで髪の毛があった話はしたと思うけど、ついにその当時の写真を以下に大公開(笑)

    Q5:自分の自画像を描いてください
    A5:コメント:10年前は若かった.....てゆーか誰これ(笑)

    Q6:ファンのみなさんへのメッセージ
    A6:いつも熱い応援本当にありがとうございます!「BOHEMIAN SUMMER 2000」ではレギュラー番組用のメッセージ収録にみなさんとても快くご協力していただいて感謝しております。また、このようなインターネットを通じての皆さんとのコミュニケーションもすごく素敵だな!と思っております。けっして上の写真で僕を誤解しないでくださいね。今後も(天狗にならないよう(笑))がんばっていきますので、宇多田ヒカルをよろしくお願いいたします!

    Q7:次のスタッフを紹介してください
    A7:私の上長であり、宣伝チーフであり、そのファッションの味に注目の鶴田副部長を紹介します!

  • 2000.10.16

    スタッフ紹介(沖田英宣)

    じゃんじゃんスタッフ紹介していきますよ!
    前回の三宅さんの紹介により、今週は制作ディレクターの沖田さんにインタビューしてみました!
    名前:沖田英宣
    生年月日:1967年2月21日
    出身地:東京都
    所属/役職:東芝EMI(株)Virgin本部 DomesticA&RA&R1Group
    仕事内容:制作ディレクター

    Q1:あなたを動物に例えると?またその理由は?
    A1:鳩=平和のシンボル。でも害鳥とも言われる。

    Q2:いまこの仕事をしてなかったとしたら何になりたかった?またその理由
    A2:宗教家(世界を救わなきゃ、って考えてました。酔っぱらってたけど)

    Q3:いま、あなたが宇多田ヒカルだったとしたら何をしますか?
    A3:お金で大学の単位を買います。(おれ勉強きらいだし)

    Q4:宇多田ヒカルに関するいままでの仕事で印象深かったこと。また、いままで宇多田ヒカルに言えなかったことをひとつ暴露願います(仕事のことでも自分のことでも)
    A4:印象深いこと:歌詞を書き上げてきた時はいつも。きみの頭ん中どーなってんだ?!って軽い目眩を覚えます。
    懺悔:ミネアポリスにて。12時集合なのに目覚めたら12時だった。「いやぁ時差ボケで...」と言い訳したのは嘘です。あれは朝の9時まで飲んでいたためです。ごめんなさい。

    Q5:自分の自画像を描いてください
    A5:コメント:立体感の欠如

    Q6:ファンのみなさんへのメッセージ
    A6:いつもヒカルを応援していただきありがとうございます。アーティストへの声援はスタッフにとっても非常に勇気づけられます。

    Q7:次のスタッフを紹介してください
    A7:最近人気者になってちょっと天狗ぎみの宣伝担当梶望へバトンタッチしまーす。

  • 2000.10.10

    スタッフ紹介(三宅 彰)

    みなさん!こんにちは!
    「最近STAFF DIARY更新遅いねぇ...」なんてメールに心を痛めていた昨今。
    そんな中先日から暖めていたスタッフ紹介が、いよいよスタート!
    これから宇多田ヒカルをとりまく愉快な仲間?いやスタッフをじゃんじゃん紹介していきたいと思います。いやがるスタッフを無理矢理ひっぱりだしてきますので応援のほうよろしくお願いします。
    それではU3MUSIC 宇多田社長とともに宇多田ヒカルのプロデュースを手がける三宅さんに直撃インタビュー!
    名前:三宅 彰
    生年月日:1955年7月20日
    出身地:福岡県
    所属/役職:東芝EMI(株)Virgin本部 DomesticA&R部 A&R1Group 制作部長
    仕事内容:制作・宣伝統括プロデュース

    Q1:あなたを動物に例えると?またその理由は?
    A1:イルカ=寛容

    Q2:いまこの仕事をしてなかったとしたら何になりたかった?またその理由
    A2:カウンセラー(今の仕事とあまり変わらないかな?)

    Q3:いま、あなたが宇多田ヒカルだったとしたら何をしますか?
    A3:次の曲を作ってます

    Q4:宇多田ヒカルに関するいままでの仕事で印象深かったこと。また、いままで宇多田ヒカルに言えなかったことをひとつ暴露願います(仕事のことでも自分のことでも)
    A4:初めて会ったのが彼女の制服姿。スタッフに初めて紹介したときも(学校が転校し、制服がなかったのに)制服姿。今日の彼女制服ブーム。 決して私はロリコンではありません。

    Q5:自分の自画像を描いてください
    A5:コメント:未来に向かう新しい時代の新しい顔

    Q6:ファンのみなさんへのメッセージ
    A6:末長く温かく見守りつつCDは必ず買ってください。

    Q7:次のスタッフを紹介してください
    A7:かつて一緒に矢沢永吉、熊谷幸子を担当していたのにもかかわらず、結婚報告の大変遅い制作ディレクター沖田を紹介します。

  • 2000.09.26

    ついにヒカルも女子大生!

    大変永らくお待たせしました。このページをやっと更新することになりました。
    9月3日、とある飛行場から日本を出発して同日午後6時(日付変更線を通過するので)、NYへ無事到着しました。
    早速、翌日から大学が始まりました。授業科目を登録したり、学生証の手続きをしたり、初登校の一年生には、やらなければならないことが沢山ありました。待ち構えていたマスコミに追いかけられながら、不案内なキャンパス内を行ったり来たりでした。校内での取材行為は禁じられているにも関わらず(基本的に建物内を除く校内は一般に開放されていますが、マスコミに限らず、生徒の嫌がる行為をする人物の立ち入りは校則で固く禁じられています)、
    一日中追いかけてくるカメラには閉口しました。一歌手を取材するために、嫌がる本人の意思を無視して、ここまで追いかけてくる日本のマスコミを大学側も信じられない様子でした。まー、ここで挫けてはヒカルの名が廃ると言うわけで、こっちもガンとした態度で、以来、今日まで通学してますが。晴れて女子大生になったヒカルの心境は、予測していた状況とはいえ、複雑だろうなと察しています。今、僕達がやれることは、ヒカルが少しでも楽しい大学生活をおくれるよう、そして、この経験がこれからのヒカルの人生に音楽に良い形で反映されるように、そんな手助けを脇からそっとすることだと思ってます。多分、僕らがいつも周りをうろついているのは、これもヒカルにとっては煩わしいものだと思うけれど。一冊の教科書を探しに、NY中を駆け回ったり、まだまだ新入生には忙しい毎日です。
    宿題で読まされる本の量も半端ではありません。アメリカの大学では、とにかく本を沢山読まされます。僕もNYで大学を卒業したので、でも、もう30年も経っていますが、あの苦しかった4年間を、まだはっきりと覚えています。
    始まったばかりの大学生生活、これからどんな道のりを経て、ヒカルを何処へ導いていくのか、凄く楽しみです。ヒカルは元気です。そんなヒカルの様子を、ちょくちょく報告できたらと思っています。とりあえず第一報ということで、次の機会まで、
    DON’T WASTE YOUR TIME.(ヒカルの言葉を真似して)

    うただ てるざね/U3MUSIC