Utada Hikaru Official Website

MESSAGE from Staff

  • 2000.06.29

    宇多田ヒカルのインターネット上の書き込みについて

    最近、他のサイト上で「宇多田ヒカル」を名乗って書き込み(発言)している者がおり、多くのファンの方に混乱を引き起こしているようです。以前にもこのコーナーで表明しましたが、宇多田ヒカル本人はこのサイト(MESSAGE FROM HIKKI)でのみ彼女の考えを書き込んでおり、他のいかなるサイトでも彼女の発言(考え)を書き込みしたことは一切ございません。
    くれぐれも皆様には誤解なされないよう、この場を借りて表明したいと思います。

    株式会社 EMIミュージック・ジャパン U3MUSIC

  • 2000.06.26

    恋愛論

    ヒカルの恋愛論を読んで、チョット年上(?)の僕の恋愛論も読んでもらおうかなと思い、この書きこみをしています。時間に余裕のあるかたは、暇つぶしにでもどうぞ。
    人の恋愛に口出しをすることは、太古の時代から野暮なことと言われてます。僕も今まで人の恋愛には口出しなどしたことありませんし、これからもするつもりはありません。そんな野暮なこと誰だってしたくないよね。自分の若かりし頃を振り返ってみても、親に反対された記憶は山ほどあるのに、反対されて断念したり、諦めたりした恋の記憶は皆無です。つまり、ひとたび恋に落ちてしまうと、人はもう誰が何と言おうと、周囲の言葉に耳を傾ける余裕などないのですね。僕はよく世間の大多数の父親がぼやいているように、娘の恋愛を恐れたり、結婚を悲しんだり(他の男に盗られると言って)して、娘の自由を束縛するようなことは決してしないと決めているし、むしろ、男を見る目を充分に養って、早く良い伴侶に出会ってくれら、親としてそれ以上の安心はないと思ってます。ただし、時には、これは単なる恋愛の先輩として(あまり優秀な先輩ではないかもしれないけど)黙って見てられなくなるときに、独り言のように無意識に警告を発していることはあるようです。でも、警告というのはあくまでも一方通行のもので、受けるか、無視するかは自分で判断するものです。それで全く構わないと思います。個々の警告の重要さを的確に判断できるような人間に育てたという自信はありますから。ただ、自分が親から言われてたときは、自分が親になったらこんなことはしないぞ、と思ってたのに、不思議なもので、いや自然なのかな、この類の警告が多くなっているのかもしれません。多分その裏には、愛する人には出来るだけ良い人生を送ってもらいたい、良い恋愛をしてもらいたいとう思いが親という生物にはあるからだと思うのだけど。例え、これが一方通行の思いに終わっても、嘆いたりはしないつもりです。ヒカルの恋愛論の結論として、”自分の恋愛に口出ししてほしくないし、親の恋愛にも口出しはしない・・・”という箇所がありました。一部の人から誤解があるようなので、僕の解釈を述べます。これは、親、つまり母親が何処の誰と恋愛しようが、同じく父親が誰と恋愛しようが、というのではなく、親である夫婦の中でなにが起こっていようが、と言う風に僕は解釈してます。
    突然、話は変わりますが、今、巷で流れている僕の愛人騒動に関する報道に対して、僕は反論をして一部のマスコミを喜ばせるようなことはしたくありません。過去に反論をして良い結果がでたことがないので、これからもするつもりもありません。ただ、僕の愛人だと名指しされた女性とその家族がとても迷惑して、困っていることは事実です。世間に対して正統な反論ができれば一番好ましいと思うのですが、そうすることによって今以上の騒ぎになったり、女性により大きな迷惑がかかることを危惧して、せめて、ヒカルを支持してくれている皆にだけは、このことを分かってもらいたいと希望して、ここに書かせてもらいました。
    これからもヒカルは良い作品を発表していくはずです。支持と応援をよろしくね。余計なことで騒ぎを起こしてゴメンナサイ。

    うただ てるざね/U3MUSIC/父

  • 2000.05.25

    「偽造チケット」に関して

    この度、毎日新聞夕刊に記載された「偽造チケット」の発券者及びその明確な犯罪行為に対し、主催者U3MUSICならびにコンサート運営事務局として、深く遺憾の意を表します。自身が潤えば何をしても良いのでしょうか?私どもとAudienceである皆様の間を結ぶ曇りのない「夢」を利用したその悪質さに、こみあげる怒りを押さえられません。
    今後この様な事件を再発させない為にも、現在各方面に対し、Net Auctionなどに横行する詐欺行為の取り締まり強化を希望しており、これらNet Auctionなどに参加される場合はくれぐれもご注意いただきますようお願いいたします。
    また、万が一被害にあわれた場合は、すみやかに警察まで被害届をお出しいただきますようお願いいたします。

    BOHEMIAN SUMMER CONCERT事務局
    小澤 啓二

  • 2000.04.20

    BOHEMIAN SUMMER 2000のチケットに関するご質問をいただいた方へ

    「Message From Hikki」などに直接ブックマークされていると思われる方へご案内します。
    ツアーに関する情報およびチケット購入に関するご案内はTOPページに出ております。
    http://www.toshiba-emi.co.jp/hikki/
    へアクセスしていただければ、ご覧になれます。
    よろしくお願いいたします。

    株式会社 EMIミュージック・ジャパン
    Foozay Music Co. 梶 望

  • 2000.04.14

    宇多田ヒカル 5/10発売アナログ盤「REMIX:Fly Me To The Moon」に関して

    宇多田ヒカルのアナログ盤「REMIX:Fly Me To The Moon」の発売が迫ってまいりました。
    この商品は初回限定生産となっており、購入希望の方はレコード店店頭にてご予約されることをお勧めいたします。
    なお、この商品は4/19に発売されるSingle CD「Wait&See〜リスク〜」に収録される
    「Fly Me To The Moon(In Other Words)」を様々なDJの手によりREMIXされたものを4トラック収録したものです。(詳しい収録内容は「NEWS」の欄をご参照ください)シングルCDに収録されているオリジナルバージョンはこのアナログ盤には収録されておりませんので、その点ご留意ください。
    今後とも宇多田ヒカルをよろしくお願いいたします。

    株式会社 EMIミュージック・ジャパン 営業本部販売推進部2グループ
    原武 茂孝

  • 2000.03.17

    日本ゴールドディスク大賞出演について

    昨日行われました、日本ゴールドディスク大賞の出演についていろいろな問い合わせがありましたので事実を皆様にお伝えしなければと思いました。
    この日は3.15までに新しく組むPRODUCERに渡す曲を完成させなければならない状況があり、
    レコーデイング作業を優先させていました。
    また、本人は朝から夕方まで学校に通っているので終了後しか、移動ができません。
    学校は都心から離れており、時間帯が夕方となると、かなり交通渋滞が予想されます。
    しかも、生番組は、その時間だけやればいいものではなく、サウンドチェック、カメラリハーサルなどを行い、作りあげていくものです。現実リハーサルが終わったのは、本人出演の直前でした。コメントや録画ではない生出演でファンに答えたいと思う本人の気持ちと、こうした状況の下では最善の選択であったと思っております。
    当初より理解してくださった日本レコード協会、NHKの皆様には大変感謝しております。
    今後も本人スタッフともども、正々堂々とよりよい音楽を目指し精進したいと思います。
    -PS-
    余談ではありますが、「First Love」を歌ったスタジオは我々がはじめて彼女の歌と
    出会った場所で、「Automatic」などの曲もここで誕生しました。

    株式会社 EMIミュージック・ジャパン
    Foozay Music Co.
    部長 三宅 彰
    U3 music(Produce&management)
    宇多田照實

  • 2000.03.08

    ホームページの更新に関して

    みなさん!たくさんのアクセスありがとうございます!
    今回は前回よりも混雑が緩和できてスタッフ一同、胸をなでおろしています。
    まだ更新されてないという方は、「更新」(「再読込」)などのブラウザにあるボタンをおしていただくか、ブラウザをいったん終了してからもう一度立ち上げたりまたは、お使いのブラウザのキャッシュをクリアしてみたりしてみてください。
    また、もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが新曲「Wait&See〜リスク〜」のジャケット写真も初公開しております。
    また「Discography」のページにて新曲の30秒試聴もできます。
    是非聴いてみてくださいね!

    株式会社 EMIミュージック・ジャパン
    Foozay Music Co.梶 望

  • 2000.03.01

    海賊盤に関して

    皆様へのお願い
    最近、不法な宇多田ヒカルに関しての海賊盤がメール上で取引されています。
    特に悪質なものは「梅田HEAT BEAT」でのライヴのもので、アーティスト・レコード会社・事務所の権利と意志を大きく侵害するものです。
    絶対こうした商品にだまされることのないように、くれぐれも注意願います。
    今後、こうした悪質なものに対し、私たちは徹底的に調査し、断固たる姿勢でのぞみ、法的手段をとるつもりでいます。
    皆様のご理解をよろしくお願いいたします。

    株式会社 EMIミュージック・ジャパン
    Foozay Music Co.三宅 彰

  • 2000.02.03

    「宇多田ヒカル SINGLE CLIP COLLECTION VOL.1」DVDソフトについてのお知らせ。

    99年12月22日に当社からリリース致しました「宇多田ヒカル SINGLE CLIP COLLECTION VOL.1」のDVDソフトは、日本国内市場向けに製作されており、日本国内で発売されているDVDプレーヤーのみで再生でき、日本以外の地域で発売されているプレーヤーには対応しておりません。
    DVDにはregion codeと呼ばれる地域対応の信号を入れプレーヤー側と対応して、ある特定の国、地域にのみ再生ができるようにする機能がついています。当社では不法に海外においてDVDソフトを流通されるのを防ぐために、邦楽アーティストの音楽DVDはregion codeを日本国内限定に設定し、販売しております。製品のバックカバー部分にある「(region code) 2 / NTSC /日本市場向」と明記してある部分がその表示にあたります。
    お客さまにおきましては何卒御了承いただくようお願い申し上げます。

    株式会社 EMIミュージック・ジャパン 映像部 遠藤 雄二

  • 2000.01.19

    「重大発表」のページにアクセスいただけていない方へ

    19日0:40分現在、多数の方からのアクセスで大変混雑しております。
    まだ、「重大発表」のページにアクセスいただけていない方、ご迷惑をおかけしまして大変申し訳ございません。
    また、0:00をすぎても画面が変わらないという方は一番最初の画面
    http://www.toshiba-emi.co.jp/hikki/)
    で忠一が出てきましたら、お使いのブラウザの「更新」ボタンを押してください。
    よろしくお願いいたします。

    株式会社 EMIミュージック・ジャパン U3MUSIC Fes inc