Utada Hikaru Official Website

MESSAGE from Staff

  • 2000.01.15

    2nd Albumの発売に関して

    最近、皆様からのメールの中で「2nd Albumが3月に発売されるのは本当ですか?」といったお問い合わせをいただきます。
    しかしながらそのようなことを公式にお伝えしたことはございませんし、またそれは事実ではありません。
    年末年始にかけて、本人の冬休みの間にレコーディングしていたことは事実ですが、2nd Albumのリリース時期に関してはまだ未定です。もちろん決定し次第、皆様にはこのホームページなどを通してお伝えさせていただきます。
    今しばらく、楽しみにお待ちください。

    株式会社 EMIミュージック・ジャパン
    Foozay Music Co. 沖田英宣

  • 2000.01.13

    X'mas&New Year Card(その2)

    皆さん、こんにちは。
    X'mas&New Year Cardの郵送手順やその対象について、御理解を戴き有難うございました。
    結果、十数万通にも及んだFan LetterやE-mailなどの中から、“お名前やご住所の明確さで郵送可能”という条件を満たす全てをリスト化し、既に昨年内には全ての発送手続きを完了しております。
    現在は、連日様々な形で沢山の返信Messageを頂戴し、我々としても大変嬉しい思いでおります。2000年が到来し、既に宇多田ヒカルも始動しています。今年もBigなRelease&Newsをお届け出来る様、Staff一丸となりBest尽くして行きたいと思います。ご期待下さい!

    2000/01/13/16/16/15
    U3 music(Produce&management)宇多田照實/Fesinc.(Promotion)小澤啓二

  • 1999.12.28

    X'mas&New Year Cardについて

    皆さん、こんにちは。
    さて、ここ数日で数多くのお問い合わせを頂戴していますX'mas&New Year Cardについてお答えします。中でも「どうしたら入手出来るのか?」といったご質問が最も多かった訳ですが、Debut以来、数多く戴いた「Fan Letter」、HPに向けての「E-mail」、そして現在彼女がregularを務める「トレビアン・ボヘミアン」宛ての「Fax」「リクエスト葉書き」「E-mail」、全国で開催されたFilm Concert「Luv Live Re-Mix」での「アンケート」の中から、今回はお名前やご住所の明確さなど、郵送可能となるもの全てを対象にお送りしようといったことからStartしました。何か特定の選出方法を用いた訳では有りません。一部、「Fan Clubが設立され、会員のみをその対象としているのでは?」といったお問い合わせも有りましたが、その様な事実は一切ございません。また、その数も膨大となったことから、現在も随時発送という状況が続いています。当然、専門業者によるリスト化で漏れを防ぎ、1日も早く皆さんのお手元に届く様、Staff総出で対応しています。この1年を通じ、宇多田ヒカルにAccessし続けて下さったFanの皆さんに対する、何よりも彼女自身の深い感謝の気持ちであることを御理解下さい。皆さんと共に築く未来の為、今後も御協力頂ければ幸いです。有難うございました。

    U3MUSIC宇多田照實/Fes inc小澤啓二

  • 1999.12.27

    「宇多田ヒカル SINGLE CLIP COLLECTION VOL.1」をお買い上げくださった皆様へ

    12月16日にリリースされました「宇多田ヒカル SINGLE CLIP COLLECTION VOL.1」のVHSソフトをお買い上げになったお客さまから、画質があまり良くないのでは?との御意見がいくつか寄せられました。
    VHSテープは、アナログ信号で記録されている音声、映像をビデオデッキを通して再生されるもので、電波に乗った業務用の高画質映像を受像するテレビ放送で御覧になる映像と比較しますと、多少の劣化は免れません。また今回の作品では制作者の意図として画質を荒らしているビデオも収録されています。
    また、「Automatic」のプロモーション・クリップは、ショート・ヴァージョンとして制作されました。
    掲載されている歌詞と一部異なる部分がありますが何とぞ御了承ください。

    株式会社 EMIミュージック・ジャパン 映像部 遠藤 雄二

  • 1999.12.03

    「宇多田ヒカル SINGLE CLIP COLLECTION VOL.1」についてのお知らせ。

    いよいよ12月16日(DVDは12月22日)にファースト・ビデオ「宇多田ヒカル SINGLE CLIP COLLECTION VOL.1」がリリースされます。このホームページをごらんの皆様からも、この商品に関してたくさんの御質問をいただきました。ありがとうございます!詳細は以下の通りです。(12月2日現在)
    「宇多田ヒカル SINGLE CLIP COLLECTION VOL.1」
    発売日   VHS (TOVF-1340) : 12月16日
    DVD (TOBF-5020) : 12月22日
    価格    VHS、DVD共に ¥2,800(税込)¥2,667(税抜)
    収録曲目  1. Automatic
    2. making of "Movin' on without you"
    3. Movin' on without you
    4. First Love
    5. making of "Addicted To You"
    6. Addicted To You
    +bonus track "time will tell"

    いままでリリースした4曲のシングル曲のビデオ・クリップのほか、"Movin' on without you"、 "Addicted To You"のメイキング、そしてボーナストラック(!)が1曲収録されています。
    さて、最も多くいただいた質問の中に、「VHSとDVDでは内容に違いはあるの?」というものがありました。
    DVDソフトはCDと同じサイズで長時間の映像/音声をデジタルで記録でき、またメニュー画面からいろいろなページへジャンプすることができるインタラクティヴな機能を持ち合わせた最近注目の新しいメディアです。
    もちろん専用のDVD再生プレーヤーが必要です。
    今回のDVDソフトには、
    1.歌詞、スタッフリストなどの文字原稿をメニュー画面から静止画でテレビ画面に呼び出せるようにしました。(VHSソフトにはブックレットが封入されており、そちらに掲載されています。)
    2.5曲目の「making of "Addicted To You"」には音声トラックが2つ収録されています。どちらかを選択することによって異なる音声を聴くことが出来ます。(どう違っているかは買ってからのお楽しみ!)
    そして、初回生産分の特典として,
    1.VHSソフトにはオリジナルの「ポストカード」と「ステッカー」が1枚ずつ封入されています。
    2.DVDソフトにはオリジナルの「ステッカー」が2枚(異なるデザインで)封入されています。
    これらの特典物はなるべくたくさんの商品に封入できるよう万全を期しておりますが、特典物がなくなり次第封入されなくなってしまいます。できるだけお早めに商品を購入していただけるようにお願いいたします!

    株式会社 EMIミュージック・ジャパン 映像部 遠藤 雄二

  • 1999.11.19

    最近の本について

    最近宇多田ヒカルの本が多く出版されていますが、ほとんど連絡さえこちらサイドにまったくないものばかりです。従って事実関係も違っていたり、さも知っているような憶測で表現されているものも多くみられます。本来、我々サイドの権利でもあるジャケット写真についても無断使用ですし、無断使用を禁止しているものにも関わらず本人のホームページの引用も多く見られます。今後悪質なものに対しては、法的手段も考えて行くつもりです。
    アーティストの権利、プライバシィーの尊重されない状況は遺憾に思いますし、今後ですが、改善に向けて努力してゆきたいと思います。
    現在公認の本の出版予定は今のところありませんので、現状を皆様ご理解ください。予定がある場合このホームページにて報告致します。

    株式会社 EMIミュージック・ジャパン
    Foozay Music Co.三宅 彰

  • 1999.11.11

    "Addicted To You"をお買い上げくださった皆様へ

    "昨日より、曲のイントロ部分等にレコードのスクラッチノイズのような「ジリジリ」した音が聞こえるが、それは不良品なのか、といったお問い合わせをいくつか頂いております。
    これは不良品ではなく、制作者が意図的に入れたものです。
    本来「聞く」ためのはずであったアナログレコードを、いわば一つの楽器のように「鳴らす」のがHIP HOP MUSICを創造した偉大な業績の一つである、ということは皆様ご存じのことと思います。宇多田ヒカルはじめ我々制作スタッフはその偉大な発想の転換に敬意を表して、あの特有なスクラッチノイズを音楽の一部として取り入れました。
    そのような意図の下に制作された曲であることを、ここで皆様にご報告いたします。

    株式会社 EMIミュージック・ジャパン
    Foozay Music Co. 三宅 彰/沖田英宣

  • 1999.10.28

    Q:自分のホームページにリンクをはりたいのですが?/Q:ファンクラブはないのですか?/Q:スタッフって誰なの?誰がこのホームページを作成してるの?/Q:歌詞を掲載してほしい。(させてほしい)/ビデオクリップ集にCubic Uの「CloseTo You」は収録されないのですか?/Q:「Addicted To You」のアナログ盤は発売されないのですか?

    みなさん!大変ごぶさたして申し訳ございません!
    「staffのコーナー更新しないねぇ」
    「毎日クリックしてるのにぃ...」
    なんて皆さんの言葉が身に染みております...ハイ
    で、このコーナーも頻繁に更新していけるようがんばりますので引き続きよろしくお願いいたします。
    スタッフ宛のメールコーナーもできましたしね!
    で、久々の質問コーナーいってみよぉぉぉ

    Q:自分のホームページにリンクをはりたいのですが?
    ホームページにリンクを貼りたい場合はEMIのオフィシャルホームページにリンクの申し込み欄がありますので、そちらから申し込んでくださいますようお願いします。

    Q:ファンクラブはないのですか?
    現在、オフィシャルのファンクラブはございません。このホームページに参加していただいている方のお名前やご連絡先は宇多田ヒカル関連でなにか企画があった時などの連絡リストとしたく思っております。(※特に現在は具体的な予定はございません)
    お手数ですが、各事項の記入にご協力いただけますと幸いです。

    Q:スタッフって誰なの?誰がこのホームページを作成してるの?
    スタッフとは!宇多田ヒカルのスタッフ全員です。
    宇多田ヒカルの事務所、EMIの宇多田ヒカルのスタッフ、EMIのホームページを運営しているスタッフで主に構成されております。
    ホームページの更新は主にリリース時期にあわせて準備します。
    これはビジュアル等が変わる為それにあわせて模様がえをしております。
    スタッフのページも頻繁に更新するようがんばりますです...はい。
    みなさんの励ましのお言葉がほんとに嬉しい限りです。
    これからも盛り上げてくださいね!

    Q:歌詞を掲載してほしい。(させてほしい)
    歌詞の掲載に関してはオフィシャルホームページといえども、著作権上の問題で掲載することができません。よって私設サイトにおける歌詞掲載のオファーも許可できませんのでご理解いただきたく思います。

    Q:ビデオクリップ集にCubic Uの「Close To You」は収録されないのですか?
    みなさんご存じのとおり、「Cubic U」と「宇多田ヒカル」は別のアーティストです。
    よって今回の発売されるクリップ集は「宇多田ヒカル」のクリップ集ですので「Cubic U」のクリップ収録の予定はございません。

    Q:「Addicted To You」のアナログ盤は発売されないのですか?
    いまのところ予定はございません。

    株式会社 EMIミュージック・ジャパン
    Foozay Music Co. 梶 望

  • 1999.08.20

    最近の報道に関して

    少しは沈静化したかな、と思っていた矢先、最近、又、一部のマスコミが宇多田ヒカル関連の間違った記事を掲載し始めています。これは何も、宇多田ヒカルに限ったことではありませんが、例え、全く真実と異なる記事であっても、読者がその内容にある程度関心を持つ事、そして、もしかすると記事の内容を信じてしまう可能性がないとも限りません。これは、所属事務所として、黙っているわけにはいかない事態です。そこで、この東芝EMIオフィシャル・HPを使って、事実関係を明らかにし、できる限りの皆さんの理解を求めたいと思います。
    最近目に余る一連の誤報は主に、CM出演に関するものです。デビュー直後からCM出演のお話は沢山いただいて来ましたが(これも全て、デビュー以来、宇多田ヒカルを支持してくれる皆さんのお陰!!),ヒカルを含めて、僕たちにはCM出演については、一つのポリシーを持っています。それは、商品が実際にヒカルの実生活と関連があるものに限るということ、さらに、そのCMが、音楽家としてのヒカルの実像を正しく表現してくれていることです。検討を重ねているところへ、SONY RED HOTの出演依頼が舞い込んできました。去年、そして、一昨年とSONY MUSICの世界的に有名なsinger-songwriterが出演して、とても大きな話題を呼んだCMです。商品についても、実際にヒカルが作詞・作曲の際に大量に消費しているものです。まさに、僕たちの希望にピッタリの話でした。そんな経緯で、この話はトントン拍子に進みました。確かに、系列的に東芝の専属artistが他社、それも競争相手であるSONYのCMに出演することに、内部的な議論はありました。これは、LONDONの本社まで巻き込んだ議論になりました。議論の結果がどう出たかは、出演が決まった事からも明白ですが、東芝EMIとしても、このCM出演の質を的確に評価し、気持ち良く出演を許可してくれたのです。事務所は、この決定を東芝EMIに完全に委ねました。今後も長く、一緒に仕事をしていく上で、不必要な内部摩擦は決して望むものではありませんし、CM出演が、ヒカルにとって不可欠なものでもありません。しかし、結果として、このCMに出演したことにより、なにか、仲間(SONY)が一人増えたような、そんな気がしています。このCMの出演料が、色々と報じられていますが、記事で書かれているような金額は、受け取ってません。正確な額は、業界の道義上、明らかには出来ませんが、3000万円を遥かに下回る額です。また、一部報道されているような、この出演料に付帯するoption(出演料と加算して合計一億円の収入と書いてある)など、一切ありません。
    次に、ヒカルを取り巻く東芝EMIとSONY MUSICの正確な相関関係を説明します。artistとしてのヒカルの活動は、大きく分けてCDの発売と、著作作業の二つです。このうち、CDの制作・発売は、専属artistとして東芝EMIが100%、管理しています。所属事務所として、U3MUSICはこれに協力します。一方、著作活動については、artistは自分の著作権の管理を何処に任せるか、全く自由に選び、委託することができます。日本では一般的に、所属するレコード会社が出版部門を持っている場合、同系列の出版社に委託するのが通例のようです。ヒカルの場合、まずその権利は、U3MUSIC(所属事務所)が保有しています。著作権・出版権の管理には、とても専門的な複雑な知識と経験を要します。そんな中で、ある日、信頼できる友人からGLOBAL RIGHTS(SONY系列の出版社)を紹介された僕が、細かい交渉の末、ヒカルだけでなく、事務所に所属する他のartistも含めて、これらの権利を委託することに決めたのです。あくまでも、この出版社は、僕の意志に従って、委託された権利を管理するのであって、一部の女性週刊誌が報道しているように、彼らが全ての権利を所有しているわけではありません。
    以上、ヒカルを擁する事務所として、また、ヒカルのproducerの一人(もう一人、東芝EMIの三宅producerがいます)として、fanの誤解が少しでも解消できれば、真実を理解してもらえれば、という気持ちでこの文を書きました。これからも、ヒカルは多分MY PACEになると思いますが、自分の気持ちに正直に、歌を作り、皆さんの前に発表していく事でしょう。そんなヒカルを横から、後ろから、支えながら僕は一緒に歩んで行けたらと希望してます。そして、皆さんの支援は、そのためには必要不可欠な要素です。これからも、よろしくね。

    1999/08/20/02/00/00
    うただ てるざね/U3MUSIC

  • 1999.07.26

    McDonald's Presents 宇多田ヒカル LUV LIVE REMIX〜hello from new york〜について

    みなさん!こんにちは!
    「より多くの人に宇多田ヒカルのライヴを見てもらいたい!」という思いから企画された「McDonald's Presents 宇多田ヒカル LUV LIVE REMIX〜hello from new york〜」には本当に沢山の応募ありがとうございました!もぉ嬉しい限りです!
    宇多田ヒカル本人も全国のみなさんと会える日をすっごく楽しみにしております。
    当たった方はチケットはペアチケット(1枚で2名入場)なので一人ではなく、お友達や気になるあの子などなど是非是非誘ってきてくださいね!
    お待ちしております。
    このイベントの内容は4/2に「Zepp東京」で行われた"宇多田ヒカル"の初ライヴ「LUV LIVE」の映像をメインにリハーサル風景などのオフショット映像を加え、全国のみなさんにご覧になっていただこうというものです。更に全国7カ所と本人を衛星で通じ、生中継で「宇多田ヒカル」がみなさんにごあいさつします。
    このイベントに関し「衛星生中継LIVE?」って勘違いしている人がごく一部いましたので、ここでご説明させていただきました。
    また、惜しくもはずれてしまった方に朗報です!
    NEWSのページにも追加されてますが、● 長崎ハウステンボス● 富士急ハイランド● 宮崎シーガイヤの3カ所でビデオコンサートのみ追加で行われることが決定!衛星生中継による本人の出演はありませんが、「LUV LIVE」の映像はこの3カ所で見ることができます。
    各会場公演時間、参加方法等異なりますので、NEWSのページに書いてある各連絡先に事前にお問い合わせいただきますよう、お願いいたします。
    「このビデオコンサートを通じて、沢山の方々とこのメモリアルコンサートの思い出を共有できればイイナ」とスタッフ一同思っております!
    当日のご来場お待ちしております!