ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyzあいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゆよらりるれろわをんがぎぐげござじずぜぞだぢづでどばびぶべぼぱぴぷぺぽぁぃぅぇぉゃゅょっアイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤユヨラリルレロワヲンガギグゲゴザジズゼゾダヂヅデドバビブベボパピプペポァィゥェォャュョッヴ

宇多田ヒカル初恋

傷ついた時僕は
一人静かに内省す
深読みをしてしまう君は
不安と戦う

Hold me tight and don't let go
Why we fight I don't know

他の人がどうなのか
僕は知らないけど
僕の言葉の裏に他意などないよ

長い冬が終わる瞬間
笑顔で迎えたいから
意地張っても寒いだけさ
悲しい話はもうたくさん
好きだって言わせてくれよ
Can we play a love song?

友達の心配や
生い立ちのトラウマは
まだ続く僕たちの歴史の
ほんの注釈

Hold me tight and don't let go
Why we fight I don't know

僕の親がいつからああなのか
知らないけど
(大丈夫、大丈夫)
君と僕はこれからも成長するよ
(大丈夫、大丈夫)

落ち着いてみようよ一旦
どうだってよくはないけど
考え過ぎているかも
悲しい話はもうたくさん
飯食って笑って寝よう
Can we play a love song?

側においでよ
どこにも行かないでよ
Hold me tight and don't let go

もう二度と離さないと
言わんばかりに抱き締めたいよ
疑っていてもいいけど
悲しい話はもうたくさん
嘘だって吐きたくなるよ
Can we play a love song?

長い冬が終わる瞬間
笑顔で迎えたいから
意地張っても寒いだけさ
悲しい話はもうたくさん
好きだって聞かせてくれよ
Can we play a love song?

Hold me like you'll never let me go
Everybody needs some time alone

あなたのいない世界じゃ
どんな願いも叶わないから
燃え盛る業火の谷間が待ってようと
守りたいのはあなた

あなた以外なんにもいらない
大概の問題は取るに足らない
多くは望まない 神様お願い
代り映えしない明日をください

一日の終わりに撫で下ろす
この胸を頼りにしてる人がいる
くよくよなんてしてる場合じゃない

Oh ただの数字が特別になるよ

あなたと歩む世界は
息を飲むほど美しいんだ
人寄せぬ荒野の真ん中
私の手を握り返したあなた

あなた以外なんにもいらない
大概の問題は取るに足らない
多くは望まない 神様お願い
代り映えしない明日をください

戦争の始まりを知らせる放送も
アクティヴィストの足音も届かない
この部屋にいたい もう少し

Oh 肌の匂いが変わってしまうよ

あなたの生きる時代が
迷いと煩悩に満ちていても
晴れ渡る夜空の光が震えるほど
眩しいのはあなた

あなた以外思い残さない
大概の問題は取るに足らない
多くは望まない 神様お願い
代り映えしない明日をください

何度聞かれようと
変わらない答えを
聞かせてあげたい

なんと言われようと
あなたの行く末を
案じてやまない

終わりのない苦しみを甘受し
Darling 旅を続けよう
あなた以外帰る場所は
天上天下 どこにもない

うるさいほどに高鳴る胸が
柄にもなく竦む足が今
静かに頬を伝う涙が
私に知らせる これが初恋と

I need you, I need you
I need you, I need you
I need you, I need you
I need you, I need you

人間なら誰しも
当たり前に恋をするものだと
ずっと思っていた だけど

もしもあなたに出会わずにいたら
誰かにいつかこんな気持ちに
させられたとは思えない

うるさいほどに高鳴る胸が
勝手に走り出す足が今
確かに頬を伝う涙が
私に知らせる これが初恋と

I need you, I need you
I need you, I need you
I need you, I need you
I need you, I need you

どうしようもないことを
人のせいにしては
受け入れてるフリをしていたんだ
ずっと

もしもあなたに出会わずにいたら
私はただ生きていたかもしれない
生まれてきた意味も知らずに

言葉一つで傷つくような
ヤワな私を捧げたい今
二度と訪れない季節が
終わりを告げようとしていた
不器用に

欲しいものが
手の届くとこに見える
追わずにいられるわけがない
正しいのかなんて本当は
誰も知らない

風に吹かれ震える梢が
陽の射す方へと伸びていくわ
小さなことで喜び合えば
小さなことで傷つきもした

狂おしく高鳴る胸が
優しく肩を打つ雨が今
こらえても溢れる涙が
私に知らせる これが初恋と

I need you, I need you

運命なんて知らない
けどこの際
存在を認めざるを得ない

本当にこんな私でもいいの
ねえいいの
あんまり期待させないでほしいよ

今日という日は嘘偽りのない
永遠の誓い日和だよ
綺麗な花も証人もいらない
同じ色の指輪をしよう

悔しくて仕方がない
ダサいくらいしがみついたまま
眠りたい 毎日

約束はもうしない
そんなの誰かを喜ばすためのもの

今言うことは受け売りなんかじゃない
約束でもない 誓いだよ
嘘つきだった僕には戻れない
朝日色の指輪にしよう

胸の高鳴りを重ねて踊ろうよ
今を生きることを祝おうよ

たまに堪えられなくなる涙に
これと言って深い意味はない
ただ昔を突然思い出し(ああ泣きたい)
開かれたドアから差し込む光
これからもずっと側にいたい
選択肢なんてもうとっくにない

今日という日は過去前例のない
僕たちの誓い日和だよ
綺麗な花も証人もいらない
同じ色の指輪をしよう

Kiss me once, kiss me twice
一度じゃ足りない
Kiss me once, kiss me twice
あなたを下さい

Kiss me once, kiss me twice
Kiss me three times
お願い
Kiss me once, kiss me twice
あなたを下さい

日の昇る音を肩並べて聞こうよ
共に生きることを誓おうよ

確かな足取りで家路につく人が
溢れる大通りを避けて
壊れたイヤホンで耳を塞ぎながら
あなたの名を呟きかけた

あなたの代わりなんて居やしない
こればっかりは
裏切られても変わらない

愛してる、愛してる
薄情者な私の胸を
こうも絶えず締め付けるのは
あなただけだよ

Others come and go
But you're in my soul forevermore
いつまでもいつまでも
いつまでもそうよ

友達は入れ替わり服は流行り廃る
私を私たらしめるのは
染み付いた価値観や
身に付いた趣味嗜好なんかじゃないと
教えてくれた

私の終わりなんて怖くない
もしかしたら
生まれ変わっても忘れない

愛してる、愛してる
一人きりが似合う私を
今日も会えず泣かせるのは
あなただけだよ

Others come and go
But you're in my soul forevermore
いつまでもいつまでも
いつまでもそうよ

恋の後も
いつまでもいつまでも
最後の瞬間を待たずとも
これだけは言える

Forevermore
愛してる、愛してる
それ以外は余談の域よ
愛してる、愛してるのは
あなただけだよ

Others come and go
But you're in my soul forevermore
いつまでもいつまでも
いつまでもそうよ

I don't know what do you think?
I guess I'm not saying what I really think
What if I did?
I don't wanna be rejected
Well, I guess I reject you all the time
So what am I saying?
What if we pretend that one of us will die tomorrow?
Or that we're strangers
Would that change things?

「おやすみ」のあと向けられる背を
見て思い出す動物園の動物
寝食を共にし始めて何年
触れられない案件

己を慰める術の
日に日に増していくことよ
踊る阿呆に見る阿呆
たまには踊らにゃ損損

あり過ぎても良くないけど
まるっきし無いのもどうなの
必要なものは必要
今日を乗り切る為だけの
プライド

But I'm too proud
Too proud

側に居る人よりも
知らない人の視線
触れられたいだけ

Yo She don't love me like the way she used to love me, whoa
It's like I get too close and she refuse to hug me, oh
Look, she ain't really affectionate
She just wants some time alone
Why you deleting all your messages?
What you hiding on your phone?
No, I don't trust your honesty
Love is cursed by monogamy
Don't keep swiping right
You might see something you won't wanna see
It's okay to say that you needed your own space
If I give you that green light
There's no excuses for breaks
But wait, one thing I gotta say
I'm so done by the games
See you changed, I can see it in your face
You're so set up in your ways
See, it's strange
How I gotta take the blame
When I'm the one that's in the rain
Yo, all these tears keep falling on me
No more late nights calling on me, no
I hope you see how hard it is without me
Coz we gon have to learn to set new boundaries
I fell into your tears and let it drown me
Coz I'm too proud to be too proud
I say it proudly

プライド、プライド

But I'm too proud
Too proud

ああ 愉しげに埃が舞う
ああ 久しぶりに開いたアルバム

Hello 君が見ていた世界
謎解きは終わらない

Goodbye
Goodbye
Goodbye
Goodbye
Goodbye
Goodbye
Goodbye
Good Night

ああ 無防備に瞼閉じるのに
ああ 夢の中に誰も招待しない君

Hello 僕は思い出じゃない
さよならなんて大嫌い

Goodbye
Goodbye
Goodbye
Goodbye
Goodbye
Goodbye
Goodbye
Good Night

この頃の僕を語らせておくれよ
この頃の僕を、この頃の僕を

パクチー ぱくぱく
パクチー ぱくぱく
パクチー ぱくぱく
パクチー ぱくぱく
ぱくぱく パクチー
パクチー ぱくぱく
パクチー ぱくぱく
パクチー ぱくぱく
パクチー ぱくぱく
ぱくぱく パクチー

君のこと 嫌いになんてなれないよ
悪口を言われたって 知らん顔
夏の庭で リサイタル始まるよ

今日はお日様の誕生日かも
カレーを作って「おめでとう」

パクチー ぱくぱく
パクチー ぱくぱく
パクチー ぱくぱく
パクチー ぱくぱく
ぱくぱく パクチー
パクチー ぱくぱく
パクチー ぱくぱく
パクチー ぱくぱく
パクチー ぱくぱく
ぱくぱく パクチー

緑色 嘘が下手で 優しいの
どんより雨の日だって必要と
教わったね 学びて時に之を習う

今日はうちにおいでよ
泣いたらとても
お腹がすいたと気付くよ

パクチー ぱくぱく
パクチー ぱくぱく
パクチー ぱくぱく
パクチー ぱくぱく
ぱくぱく パクチー
パクチー ぱくぱく
パクチー ぱくぱく
パクチー ぱくぱく
パクチー ぱくぱく
ぱくぱく パクチー

壊れるはずがない物でも
壊れることがあると知ったのは
つい先程

残り香と私の部屋で
温かいあなたの
肩を探す
肩を探す

証明されてない物でも
信じてみようと思ったのは
知らない街の
小さな夜が終わる頃

飲みかけのワインも忘れ
ほろ酔いのあなたと
夢を見てた
夢を見てた

I miss you

残り香と私の部屋で
温かいあなたの
肩を探す
肩を探す

晴れた日曜日の改札口は
誰かを待つ人たちで色づき始め

今日はどこか遠くへ行きたい気分
空の見える場所へ

雲の中 飛んでいけたら
大空で抱きしめて
君はまだ怒ってるかな
意地を張らずにいられなくて

いつの日かまた会えたとしたら
最後と言わずにキスをして
もし夢の中でしか会えないなら
朝まで私を抱きしめて

涙で目が覚めた月曜日の朝
急いで支度をした

僕はまだあの頃のまま
青空で待ち惚け
夏の花が散る頃には
笑顔で僕を迎えに来て

純なあなたが誤解するから
おしゃべりな私を黙らせて
傷ついたのはお互い様だから
四の五の言わずに抱き寄せて

いつの日かまた会えたとしたら
もう一度私を困らせて
もし夢の中でしか会えないなら
朝まで私を抱きしめて

わかっているわ、欲張りなのは
でも最後と言わずにキスをして
もし夢の中でしか会えないなら
天翔る星よ 消えないで

鏡のような海に
小舟が傷を残す

全てが例外なく
必ず必ず
いつかは終わります
これからも変わらず

こんなに穏やかな時間を
あなたと過ごすのは
何年振りでしょうか

落とさぬように抱いた
小さくなったあなたの体

真に分け隔てなく
誰しもが
変わらぬ法則によります
急がずとも必ず

全てが例外なく
図らず図らず
今にも終わります
波が反っては消える

全てが例外なく
必ず必ず
何処かへ向かいます
これまでと変わらず

軽いお辞儀と自己紹介で
もうわかってしまったの
この人と添い遂げること

互いの身の上話に始まり
始まりはよく覚えてない
一晩じゃ終わらない

不気味にとめどなき
何かが溢れだし
長いと思ってた人生 急に短い

今日が人生の最後の日でも
五十年後でも あなたに出会えて
誰よりも幸せだったと
嫉妬されるべき人生だったと

今日が人生の最後の日でも
五十年後でも あなたに出会えて
誰よりも幸せだったと
嫉妬されるべき人生だったと

言えるよ
どんなに謙遜したとこで
嫉妬されるべき人生だったと

人の期待に応えるだけの
生き方はもうやめる
母の遺影に供える花を
替えながら思う
あなたに先立たれたら
あなたに操を立てる
私が先に死んだら
今際の果てで微笑む

今日が人生の最初の日だよ
五十年後でも あなたを見つめて
誰よりも幸せですと
嫉妬されるべき人生でしたと

言えるよ
どんなに謙遜したとこで
嫉妬されるべき人生だったと

言えるよ
どんなにどんなに謙遜したって
嫉妬されるべき人生でしたと

loading............

Release Date: 2018.6.27
7th Album

『初恋』(CD)

品番: ESCL-5076
価格:3,000円 (+tax)

ツアーチケット先行応募抽選券封入
応募受付期間:
2018年6月26日(火)12:00~7月11日(水)23:59